タグ:神奈川県

DSC05982
この日はかみさんとNKYMで昼ごはん。


DSC05985
店内待ちが無いので意外と早く席に案内。

店員はTNBくんの麺上げで劇画チック助手さんとSZK助手さんのサポート。

程なくラーメンの着丼。


IMG_20210215_153629
小ラーメン+生姜+うずら+生卵。


IMG_20210215_153929
限定サービスの生姜は粗微塵のものを結構な量入れてくれる。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


IMG_20210215_153851
ブタは柔らかく厚みのあるNKYM品質のものがゴロンゴロン。

ほぐしブタのおまけ付き有難うございますm(_ _)m


IMG_20210215_153757
うおォン!

旨味たっぷりな非乳化スープ吸ったいつもよりも鹹水香る麺。

走召糸色ゥウンメェェエエ(*≧∀≦*)ノシ

麺が無くなる前に玉子の花を咲かせましょ🌷


20-08-06-21-34-54-139_deco
パイルダー・オン!


IMG_20210215_153655
TKJ~♪

ズルズルッと一気に啜れちゃう( 〃▽〃)


DSC05990
〆はいつものデザートうずらをつまみながら滋味豊かな深い味わいのスープをグビグビε=(*^。^*)プハー


IMG_20210215_153722
完食。

ハァ超大大満足マンゾー🐘パオーン!!

いつも有難うございます! 
 
ごちそうさまでしたm(__)m




DSC05976
1月14日。

藤沢駅から銀座通りを藤沢二郎へ行く道のりは何気にラーメン激戦区となっている。

その通り沿い、ダイエーの向かい側に在った『地獄の担々麺』が閉店し、昨年末にその場所で新たに開店した二郎系の店『豚仙人』。

豚仙人は既に横浜にあるので2号店ということになるのかな。

オープンから1ヶ月経ち、味やオペも落ち着いただろうということで行ってみることにした。

ちなみに豚仙人はエゴサーチをしているようなので、ボクなりに真面目に正直な感想を書かせてもらうことにする。


IMG_20210214_173707
店内はコの字型のカウンター。

19時半過ぎに購入した食券の時間が既に30分ずれている。

席に着くとすぐにホールスタッフに好みを聞かれ、「アブラマシ、ヤサイマシ」とオーダー。

ホールスタッフと別に奥の厨房には2人の店員。

麺はテボザルで茹でられていた。

10分程で配膳。


IMG_20210214_173737
国産豚大ラーメン600g+ヤサイマシ+アブラマシ+味たまご。

味の濃さは卓上の醤油ボトルで調整するようになっている。

ニンニクはデフォルトで入っていたので店員に小鉢をもらい、そこへ避難させた。

「説明不足で申し訳ありません。ニンニク不要な場合は『ニンニク無し』とお伝えください。」と丁寧に謝られた。


IMG_20210214_173720
乳化したスープはその見た目に反してかなりあっさりしたもの。

味の薄さは醤油ボトルでカバーできる。

しかし大量に入れた背脂が溶け出して乳化しただけのスープは豚出汁も豚骨もかなり弱く、旨味もコクもキレも無い飲んでいてフラストレーションのたまるもの。


DSC05971
ヤサイはモヤシがクタッとなった柔らかい茹で加減。

コールした塊アブラと醤油を回しかけて食べると箸が止まらなくなる程美味しく、あっという間に無くなった。


IMG_20210214_173637
ブタはデフォで一枚。

厚みのあるもので、箸で掴むと崩れてしまいそうなくらい柔らかく程好い味付け。

ボクは一枚でも十分だが、本来ならブタ二枚はほしいところ。

ましてや国産豚ラーメンと謳うなら『ラーメン富士丸』のようにラーメンと国産ブタラーメンに分けたほうがチャーシュー好きな人は勘違いしないと思う。



DSC05972
二郎標準からすると太めな平打ち麺。

小麦の風味がする表面ツルッとして中はモチッとする啜りやすいもの。

テボザルで茹でている最中に麺をちゃんと撹拌していないのか、所々麺がダマになっていたのが非常に残念。

そしてスープが弱すぎて麺とのバランスが悪すぎる。



IMG_20210214_173853
半熟トロトロの味たまごは全くといって良いほど味が染みていない、ただの半熟玉子。

今は全然通っていないが、近くの『松壱家』の味玉も昔はそんなだったなぁ。



IMG_20210214_173835
今後の為に敢えて辛口評価をさせてもらったが、是非ブラッシュアップして人気店になってもらいたいと思います。

DSC05287
晩ごはんを食べにNKYMへ行ってきた。


DSC05288
マスク着用。

コロナ対策で店内待ちは無し。

ソーシャルディスタンスを保ちながら店外で並ぶスタイル。


DSC05289
隣の席との間に仕切り板が設けられた一蘭方式のカウンターに着くと、マヨタクと生卵が配膳。

程なくラーメンの着丼。


DSC05585
小つけ味冷やし汁なし+ネギ塩ワカメ+マヨタク+生卵。

うんまそー(*^O^*)

よーくマゼマゼしてからの、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC05291
分厚いウデ肉のNKYMブタは柔らかジューシーなスンバらしいもの!

走召糸色女少
ネ申月豕
DETH!!


DSC05292
FZベースの冷やし中華ダレが絡んだNKYMどスケベ麺を引っ張り出す。

バカウマ( *´艸`)!!

フライドオニオンとネギ塩ワカメが良い仕事してますなぁ( ´∀` )b

そして毎度お馴染みの


20-08-06-21-34-54-139_deco
パイルダー・オン!


DSC05294
アンド マヨタク!

麺に絡んだマヨネーズのコクと沢庵の食感が口の中でなんとも言えぬハーモニーを奏で出す!

ゥウンメェェエエ~( ≧∀≦)ノシ


DSC05295
〆はトロットロのスープで割ってもらい、つけ味ラーメンでいただいた(* ´ ▽ ` *)


DSC05296
K.K.

ハァ超大大満足マンゾー🐘パオーン!!

いつも有難うございます!

ごちそうさまでしたm(__)m












↑このページのトップヘ