京都からの帰りに名古屋へちょっと寄り道。

元大宮二郎店主が開いた店に行ってきた。


DSC04041
肉うどん さんすけ


DSC04042
ありゃりゃ、店主がいない😵

店員に聞いたら5分ほど前に上がったらしい。

残念😅

ニンニクが合ううどんは何れか聞いて食券を購入。

券売機は大宮二郎の時と同じ機種。


DSC04043
店員はコの字型カウンターの広々とした造り。


DSC04044
店主の拘りがカウンター高台の壁に貼ってある。

その高台には籠が置いてあり、籠の中にはプラ食券『トッピングチケット』が入っていた。

この『トッピングチケット』に書いてあるネギ、ニンニク、辛め(濃いめ)、こってり(アブラ)を自由に使ってカスタマイズして下さいとの事。


DSC04045
濃厚肉うどん+ニンニク+ネギ+味玉。

オオッ!

見た目まんま二郎だ😆

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC04047
ブタ、もといウデ肉の焼豚は味が程好く染みた大判でしっとりジューシーなものが2つ。

大宮の時より旨いかも!


DSC04046
ニンニクはこのくらい。


DSC04048
ヤサイはほぼモヤシ。

てか、これはうどんです😅


DSC04049
大宮二郎時代、定期的に小麦粉研究会をしていた成果なのか。

エッジの効いた平打ち麺は強力粉の『夢ちから』や『きぬあかり』等をブレンドしたものらしい。

啜ればスルスルと喉越しよく、噛めば強い歯応えとコシの強さ!

シャキシャキのモヤシと一緒に食べると、これがまた楽しい!

走召糸色ゥウンメェェエエ(*≧∀≦*)ノシ


DSC04050
これが無化調なのか!?

思わず唸ってしまう濃厚なスープは化学調味料は一切使わず豚骨と焼豚を作るときの煮汁(豚出汁)をメインにして作ったという、実にまろやかで深みと甘味を感じるもの。

麺との絡みもすこぶる良い!

うんまっ!


DSC04051
ウズラは売り切れだったので味玉をデザートに。

大宮時代の味付ウズラを思い出すしみじみとした味付け。


DSC04052
完食。

店員「どうでしたか?」

ハァ大大満足マンゾー🐘パオーン!!
DE∀TH😋

ごちそうさまでしたm(__)m


DSC04040