カテゴリ: ラーメン二郎府中店


DSC02065
二件目にやって来たのはここ、ラーメン二郎府中店。


JPEG_20180704_214038_2120305546
空席多数だったので食券を購入してすぐに座れた。

店員は店主と元神保町の助手の二人。

店主「こっちの方がエアコン利いて涼しいよ♪」

さりげない気遣いが嬉しい(*^^*)


DSC02066
注文したのはつけ麺+温玉。

こう暑いと自然とつけ麺や冷やし中華系を注文してしまう。


DSC02068
と言うわけで本日二回目の丼乾杯!

(^_^)/🍜☆🍜\(^_^)

からの、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC02069
まずはいつもの儀式、素の麺を一口。

ゴワムチな極太竹輪麩麺は冷水で〆られた事でより狂暴さが増し、口の中で暴れまくる(*゜Q゜*)


DSC02070
つけ汁に潜らせていただきます。

FZと出汁の旨味が効いたつけ汁を纏った麺!

ゥウンメェェエエ!!

DSC02071
完食。

ハァ大満足マンゾー(* ̄∇, ̄*)

ごちそうさまでしたm(__)m


line_1530708132613
どや顔(  ̄▽ ̄)







ラーメン二郎府中店へ行ってきた。



小ラーメン700円。



ブタは冷たく小振りでホロホロなもの。

暫くスープに浸しておけば問題無。

ヤサイはバキバキな茹で加減。



饂飩のような麺は普段より柔らかめ。



スープは出汁感の弱いオイリーなもの。


ごちそうさま。



11/5(土)。


この日はTwitterで交流のあるyuagari-Sさんと府中店でご一緒させて頂き晩ごはん(°∀°)b


この方ほんとスンゴイんです!


この日朝から三田で大ダブルからの昼ごはんをひばりヶ丘で大ブタ、おやつに野猿で大ブタそしてこの府中店と大縛りでなんと一日四連食!



マジすか!


でありながらスリムな体型だから実に羨ましいチュー


と言うか何処にそんなに入るの(@_@;)?



府中店は店主復帰後初の訪問。


以前は正直Gがでそうな程ばっちくて店内も薄暗く陰鬱な雰囲気だったのに、カウンターも厨房もピカピカ!


厨房内も店主と助手が行き交う事が出来るほど整理されてます。


照明も変わり明るく綺麗になっていました。



購入したのは過ぎ去った夏を惜しむかのようにつけ麺の食券(ポエムだなニヒヒ)



丁度出入口近くの角席が空いたので一緒に座ります。


店員は元気に復活された店主と神保町で助手をしていた X-GUNの西尾似の大柄な助手さんのサポート。


以前のように助手がいてもほぼ店主のワンオペ状態ではなく、助手が食券を回収したりヤサイを茹でたりニンニクの有無を聞いたりとサポートがしっかり出来る体制になってました。


そのおかげで店主がホワイトボードとにらめっこしながら首を傾げる時間も無くなり、結果回転も早くなったように思います(°∀°)b


で、ラーメンの着丼。



yuagariさんの

ブタ入り大ラーメン全増し!


ほんとにこれが今日四杯目なの!?



僕のつけ麺。


ではご一緒に、いっただっきまーす(・∀・)



上野毛店や今月末で閉店してしまう大宮店のように麺丼に熱々なヤサイが乗っている。



それを素早くつけ汁丼に移すと水でキッチリ締められた麺が現れます。



では何時ものように素の麺を一口。


オオッ!


今日の極太竹輪麩麺は特に食べやすいぞ(≧▽≦)


讃岐うどんのようなコシのある麺を噛むとオーションの香りが鼻孔から抜けていく!


啜った時の喉越しも最高(*^O^*)



つけ汁に潜らせて頂きます。


はぁ~ドキドキ

ウンメェェラブ


yuagariさん、幸せそうな顔して召し上がってます。


なんて素敵な笑顔なんでしょう!


「美味しいものを食べると笑顔になれるねニコニコ


長男が幼稚園児だった頃言ってた一言を思い出しました(^^)



ブタは欠片状のものがゴロゴロと。



赤身中心のホロホロなものや



脂身がついたトロトロのものもありブタ増しにすれば良かったなと少し後悔( ´△`)



麺を海苔で巻いてつけ汁に浸けて食べると磯の香りがしてこれがまた良い!


yuagariさんは食べ方も品があってほんと綺麗だなぁと見とれていたら、いつの間にか僕より先に食べ終え丼を抱えてスープも完飲!



エ"エ"ッ!?


僕もそんなに遅い方じゃ無いのにビックリです(;゜∇゜)



店を出るとyuagari-Sさん


「実はマッコロさんが来る前に先に一回食べたんです♪」


と大ブタ全増しの写真を見せてくれました!



大ブタ五連食だったの~~!!?


だから助手さんニヤニヤしてたんだ!


この人底が知れない Σ( ̄□ ̄;)


↑このページのトップヘ