カテゴリ: ラーメン一般

DSC05846
製麺食堂あぶみで晩ごはんを食べてきた。

実は寒川の家系ラーメン『天王家』に行くも定休日という凡ミスを犯し、当て所もなく中原街道を北上中に藤沢市宮原で見つけた店。

まったく何も考えずにフラッと入ったので食べるまで気が付かなかったのだが、あぶみは茅ヶ崎のダブルスープのラーメン店『麺や鐙(あぶみ)』の系列店だった。

大和(未訪問)にも支店があるらしい。

一時期ダブルスープでラーメン界を席巻した中野の『中華そば青葉』、青葉インスパイアとも呼ばれた『九段 斑鳩』が流行っていた頃にもれなく通っていたボク。

と同時期に『鐙』にも通っていて、とくに深夜まで開いていた長後の『鐙一番』にはよくお世話になった。

どの店も動物系スープには豚骨や鶏ガラを使用しているのはほぼ同じだが、魚介系スープは『青葉』が鰹節、鯖節、煮干がメイン。『斑鳩』は鯖節。そして『鐙』は鯛を使用している。

ラオタなら誰でも知っているような御託はこの辺にしておいて


IMG_20210123_210210
冬季限定の秩父味噌らぁめん大盛+味玉。

とても美しいビジュアルだ。


IMG_20210123_210055
魚介の味と香りが口いっぱいに広がり、そのあとを動物系の濃厚なコクと出汁が追いかけてくる非常にバランスがとれたダブルスープ。

もちろん魚の生臭さやエグ味は全くない。

九条ネギや紫玉葱は彩りだけではなく、スープに甘味と深みを出してくれる。

そして添えられた柚子皮の清涼感が良い仕事をしている。

このスープの味で思いだした!

鐙だ!

鐙の味噌は初めてだけど、なかなか良いね(*^.^*)


IMG_20210123_210537
麺は細麺と太麺から選べるので太麺に。

つるつるモチモチで小麦の風味もして美味い!

縮れ麺なのでスープの持ち上げ感も良いね。


IMG_20210123_210122
程好く味が染みたメンマは箸休めにも、また麺と食べれば食感の違いを楽しめる。


IMG_20210123_210452
レアチャーシュー。

今となってはありふれているが、それでもここのは相当に美味かった!


IMG_20210123_210347
割ったら黄身が流れ出す程柔らかい味玉。

しっかり味が染みて美味しい!


IMG_20210123_210636
みそ豚丼。

鯛出汁スープとお新香が付いてくる。

スープの鯛はしっかり炙り丁寧な下処理をしてから出汁を取っているのだろう、全く臭みはない。

そうして鯛の旨味だけが抽出されたスープは、一緒に煮込まれた香味野菜で味に円やかさと奥行きが出ている。

当然味付けはされているだろうが、ダブルスープの元をいただけて得した気分になれた。


IMG_20210123_210318
甘辛く味付けをされた味噌ダレを絡めた薄切りバラ肉を焦げ目が付くぎりぎり手前まで香ばしく炒められた味噌豚は、ごはんがとても進む逸品!

今回は試さなかったが、鯛出汁スープをかけて出茶漬けにしても美味いのではないかと思う。


IMG_20210123_210238
完食。

久々に茅ヶ崎の鐙らぁめん(醤油味)も食べてみたくなった。

ごちそうさまでしたm(__)m








DSC05496
三年かけて千葉三大ラーメンを巡る旅最終章。

一昨年のアリランラーメン、昨年の竹岡式ラーメン梅乃家に続き、三大ラーメン最後となる今回は勝浦式坦々麺の元祖と言われている『江ざわ』に行ってきた。


DSC05495
平日の11時過ぎに到着。

既に満席なので予約表に名前と連絡先を記入。

1時間半後に再来店するように言われたので外房をフラフラとドライブしてきた。

さすが元祖!平日でもこの人気なのね(^^)b


20-11-21-10-24-58-521_deco
メニューはこんな感じ。

辛いのはあまり得意じゃないので普通の坦々麺にしよう。

冷やし坦々麺もあるぞ。

これも食べてみよう(*^^*)


20-11-21-10-24-40-965_deco
ミニ丼もあるな。

これも注文しちゃおう(^.^)

で、先に来たのがこれ。

DSC05483
坦々つけ麺大盛+ミニ焼肉丼


DSC05484
麺丼には白髪ネギや、刻み海苔が入っている。


DSC05485
つけ汁にはネギや玉ねぎが浮いている。

チャーシューや挽肉は入ってないんだな。


20-11-21-10-25-44-584_deco
取り敢えずつけ汁に白髪ネギと海苔を移していたらラーメンの着丼。


DSC05487
坦々麺


えっ!?これもチャーシューや挽肉が入ってない。

四川坦々麺だと挽肉の肉味噌が入ってたり芝麻醤の白濁したスープの中に真っ赤なラー油が浮いているけど、この勝浦式坦々麺はひたすらに赤黒いスープ。

こういうものなのかな?


20-11-21-10-26-29-851_deco
冷水で〆られた麺は透き通っている。

ツルシコで喉越し良く美味しい!


DSC05489
醤油ベースのつけ汁は炒めた玉ねぎの甘味が馴染み、胡麻の風味も感じられる。

麺を浸けながら食べるのでそれほど辛みを感じなく食べやすい。


20-11-21-10-27-03-862_deco
ラーメンの麺もつけ麺の麺と同じもののようだ。

こちらの方が麺に絡んだスープの旨味や辛みをダイレクトに感じられる。


DSC05492
そのスープは思ったよりもマイルドなラー油の辛みと鶏ガラ醤油スープのクセになる旨味でレンゲが止まらなくなってくる!


DSC05493
カプサイシン効果で吹き出る汗を拭いながら、近くを通った店員さんに聞いてみた。

「勝浦式坦々麺には肉味噌って入っていないんですか?」

店員「うちはそうですね。チャーシュー坦々麺には入っていますし上坦々麺には挽肉が入っています。」

最初に聞けば良かった┐('~`;)┌


DSC05494
焼肉丼の写真を撮り忘れてしまったが、これが最近食べたミニ丼の中で一番美味しかったかも(^^)b


同じ「坦々麺」と言う言葉を使っていても、芝麻醤を使った四川坦々麺とは異なる勝浦式坦々麺。

堪能させてもらいました( ´∀` )b

今回で千葉三大ラーメンを三年かけて巡る旅は終了したけど、ここに来る途中や勝浦漁港近くにも勝浦タンタン麺の店が点在していたので機会があれば行ってみたいと思う。

ごちそうさまでしたm(__)m














嗚呼、美味しい炒飯をおもいっきり食べたいっ!( ´△`)!


DSC05568
と言うわけで、メディアでもたびたび取り上げられているデカ盛り町中華『よなかそば』にかみさんと行ってきた。


DSC05456
店内は満席。

夫婦2人で切り盛りされている。


IMG_20201120_121200
炒飯大盛で900gか。

二郎の小より少ないから余裕でしょ!

スープ代わりに冷やしサンマー麺の大盛も頼んじゃお(^^)b

で、先にラーメンの着丼


DSC05457
冷やしサンマー麺大盛(左)&かみさんのサンマー麺(右)。


えっ!?結構な量あるぞ( ; ゚Д゚)

店員の女性に聞いたら野菜だけで650g以上、これは厚生労働相の推奨する1日の野菜摂取量の倍近く!(下記リンク参照)


その総重量は普通盛りでも1kgあるという(^o^;)

これはきっとかみさんはサンマー麺食べきれないな(^^;


DSC05458
『冷やし』だからといって安心はできなかった。

温い麺に絡んだ餡がめちゃくちゃ熱い!

口の中をおもいっきりヤケドした( ;∀;)


DSC05459
醤油ベース味のスープは鶏ガラで出汁を取ったものかしら?

そこに野菜たっぷりの甘めな餡が溢れんばかりにかかっている。

実際にかみさんのサンマー麺は溢れちゃっているけど(^^;


DSC05460
DSC05461
DSC05462
DSC05463
その餡はモヤシ、白菜、ニンジン、豚肉、キクラゲ、ヤングコーン、うずら等かなり具沢山!


食べていて思ったのだけど、サンマー麺って細切りのナルトが入っていなかったっけ?


広東麺とサンマー麺の違いってなんだろう?

かみさんからのサンマー麺のキラーパスに悶絶しながら、何とか食べ終えた頃に炒飯が登場。



DSC05464
チャーシュー玉子炒飯大盛。

DSC05465
逆さに閉じられた蓋?お椀を開けるとすんごい量の炒飯!

てんこ盛りの炒飯の上にトロットロのスクランブルエッグ!

その上にこれまたトロットロのチャーシューがデコレーションされている!!(゜ロ゜ノ)ノ

店員「一応900gと謳ってますが、実際は1kg以上ありますよ。」

あ、、ミスったかも( ´;゚;∀;゚;)


DSC05466
しかし、この炒飯マジで超旨い!!

具材はチャーシュー、ネギ、玉子、ナルトのオーソドックスなもの。米一粒一粒がしっかり油でコーティングされていて、しっとり系なのにパラパラほぐれていく(*^O^*)


DSC05467
本当にこの価格で良いんだろうかと心配してしまうほどの味とボリューム!

しかも飽きること無くスイスイ食べれてしまうから困ったもんだ!


DSC05469
完食。

スープ代わりにサンマー麺は間違いだと、またひとつお利口さんになりました(* ̄∇ ̄*)

ごちそうさまでしたm(__)m


DSC05470
デザートは別腹(*^^*)














ラーメン二郎西台店から車で向かう事約5分。

藤澤店主お薦めの店にやってきた。


DSC05392
拉麺アイオイ

麺もスープも具材も全て自家製らしい。

期待値が高まってくるp(^^)q


28a86959
注文ごとに作るという噂のチャーハンは販売していなかったのでラーメンとランチごはんの食券を購入。

店員は店主と奥様らしき助手の二人で非常に丁寧な接客。


DSC05394
味玉醤油らーめん

ああ、良い香り(*^^*)


DSC05393
ランチごはんトマトタイプ

半ライスに角切りチャーシューを乗せてからバーナーで炙り、角切りトマトを乗せた一手間かけたもの。

芳ばしい香りが胃袋を刺激し、すぐにでも食べたい衝動にかられてしまう(^o^;)

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC05395
まずはスープを一口。

鶏ガラやモミジを使っているのかなぁ?

綺麗に澄んだスープは生姜が良い塩梅に効いて醤油の旨味と共に口いっぱいに幾重にも広がっていく。

うんまぁー(///∇///)

無化調だからこその後味というか余韻もたまらない!


DSC05396
中細の自家製麺はツルツルと喉越し良く、モチモチと適度な弾力があり小麦の香りが豊か!

スープの持ち上げ具合も良い!

ゥウンメェェエエ~( ≧∀≦)ノ

ナルトが入っているのもなんとなく嬉しい( ´ー`)


DSC05397
チャーシューは厚みのあるバラ肉のものが二枚。

しっかり味が染みていて獣臭もなく、口の中でホロホロと崩れていく。

うんまっ(*^O^*)


DSC05398
自家製メンマは柔らかく煮てあり、程よく優しい味付け。

麺と一緒に食べるのも食感の違いが楽しめて良いよね(^^)d


DSC05399
☝️これ好き(*´∇`)ノ

単純にチャーシューだけだとしつこくなってしまいがち。

でも炙ったことで芳ばしい香りが立ち、さらにトマトがさっぱりと食べさせてくれる(^^)b


DSC05400
味玉もボク好みのゼリー状なもの。

しっかり味が染みていてコリャ最高のデザートだ!

九条ネギの旨味が溶け出したスープがヤバい(/▽\)♪


DSC05402
K.K.

ハァ超大大満足マンゾー🐘パオーン!! 

食べ終わってもまた食べたい! 

ごちそうさまでしたm(__)m






🐁令和二年🐁

🌅明けまして🌅

🎍おめでとうございます🎍

皆様にとって幸多き年になりますように


DSC04572
11月半ば、この日は荻窪にある丸長中華そば店へ行ってきた。


DSC04558
御存知のとおり丸長は、ラーメンの神様と言われた故山岸一雄氏が若かりし頃働いていた東池袋大勝軒の源流となる店。


DSC04559
麺は大きな中華鍋で茹でている。

一度茹でる毎に茹で湯を捨てて中華鍋を洗い、湯を沸かし直してから麺を投入。

麺がヌメらないようにしているのだ。

なので提供までにラーメンは15分、つけ麺は30分程度時間がかかる。

ラーメン食べ終えた頃につけ麺が出来るだろうと、二杯注文してみた。


DSC04560
竹の子ラーメン大盛。


DSC04561
スープは豚ガラと鰹節から取った出汁がベース。

醤油と砂糖のバランスよく丸みのある味わいが、懐かしさを感じさせる。


DSC04562
加水率高めな自家製中太麺は標準よりも長め。

スルスルと啜れ、もちろんヌメり等は皆無。

咀嚼すれば小麦の風味を感じ、スープの持ち上げ具合も良好!


19-12-31-17-41-54-930_deco
甘味のあるメンマは麺と一緒に食べると食感が楽しい(*^^*)


DSC04564
一見固そうに見えるチャーシューも柔らかくホロホロほぐれる美味いやつ!


DSC04566
旨かった!

ちょっと早く食べすぎちゃた。


DSC04565
腰の曲がった老齢の店主のリズミカルな動きと奥さんのアイコンタクトによる掛け合いを見ながら待つこと暫し、二杯目の着丼。


DSC04567
つけそば大盛。


DSC04568
まずはいつもの儀式、素の麺をいただいた。

中華そばより長めに茹でてから冷水で冷やした中太麺は、弾力のあるモチモチした食感が楽しい!


19-12-31-17-40-35-590_deco
大量に胡椒の入ったつけ汁に潜らせて啜る。

中華そばと同じ豚ガラと鰹節の出汁ベース。

そこに強めな塩味、酸味、甘味、そしてBPの刺激的な辛味が絶妙に合わさったつけ汁が麺にしっかりと絡み、これは間違いなく癖になる美味さ!

味付け強めなチャーシューは麺と絡めて食べやすいように細切りになってつけ汁に入っている。


DSC04570
食べ終えた麺皿につけ汁の器を乗せてカウンターに置くと店主が柄杓で割りスープを足してくれる。


DSC04571
完食。

大勝軒のルーツを堪能させてもらいました!

ハァ超大満足マンゾー🐘パオーン!

ごちそうさまでしたm(__)m
















↑このページのトップヘ