カテゴリ: ラーメン一般

🐁令和二年🐁

🌅明けまして🌅

🎍おめでとうございます🎍

皆様にとって幸多き年になりますように


DSC04572
11月半ば、この日は荻窪にある丸長中華そば店へ行ってきた。


DSC04558
御存知のとおり丸長は、ラーメンの神様と言われた故山岸一雄氏が若かりし頃働いていた東池袋大勝軒の源流となる店。


DSC04559
麺は大きな中華鍋で茹でている。

一度茹でる毎に茹で湯を捨てて中華鍋を洗い、湯を沸かし直してから麺を投入。

麺がヌメらないようにしているのだ。

なので提供までにラーメンは15分、つけ麺は30分程度時間がかかる。

ラーメン食べ終えた頃につけ麺が出来るだろうと、二杯注文してみた。


DSC04560
竹の子ラーメン大盛。


DSC04561
スープは豚ガラと鰹節から取った出汁がベース。

醤油と砂糖のバランスよく丸みのある味わいが、懐かしさを感じさせる。


DSC04562
加水率高めな自家製中太麺は標準よりも長め。

スルスルと啜れ、もちろんヌメり等は皆無。

咀嚼すれば小麦の風味を感じ、スープの持ち上げ具合も良好!


19-12-31-17-41-54-930_deco
甘味のあるメンマは麺と一緒に食べると食感が楽しい(*^^*)


DSC04564
一見固そうに見えるチャーシューも柔らかくホロホロほぐれる美味いやつ!


DSC04566
旨かった!

ちょっと早く食べすぎちゃた。


DSC04565
腰の曲がった老齢の店主のリズミカルな動きと奥さんのアイコンタクトによる掛け合いを見ながら待つこと暫し、二杯目の着丼。


DSC04567
つけそば大盛。


DSC04568
まずはいつもの儀式、素の麺をいただいた。

中華そばより長めに茹でてから冷水で冷やした中太麺は、弾力のあるモチモチした食感が楽しい!


19-12-31-17-40-35-590_deco
大量に胡椒の入ったつけ汁に潜らせて啜る。

中華そばと同じ豚ガラと鰹節の出汁ベース。

そこに強めな塩味、酸味、甘味、そしてBPの刺激的な辛味が絶妙に合わさったつけ汁が麺にしっかりと絡み、これは間違いなく癖になる美味さ!

味付け強めなチャーシューは麺と絡めて食べやすいように細切りになってつけ汁に入っている。


DSC04570
食べ終えた麺皿につけ汁の器を乗せてカウンターに置くと店主が柄杓で割りスープを足してくれる。


DSC04571
完食。

大勝軒のルーツを堪能させてもらいました!

ハァ超大満足マンゾー🐘パオーン!

ごちそうさまでしたm(__)m

















DSC04495
大和から移転して以来、初訪問の中村屋。

たまたま海老名に出張だったので帰りに寄って来た。


DSC04477
16時に入店すると店内は一組のみ。

大和の時は行列必至だったのでちょっと得した気分。

店員は店主不在で男性スタッフの麺上げで女性スタッフ二人がホールとサポート。

あの秘技 天空落とし男性スタッフがしていた。

DSC04478
特中村屋 塩


DSC04479
黄金色に輝くスープは良く言えばじんわりと染み渡る優しい味。

ボヤッとした輪郭を胡椒で誤魔化している感がした。


DSC04480
細めの麺はコシがしっかりとして美味い。

スープと合っているが、麺が長すぎて啜りきるのに難儀した。


DSC04481
鶏チャーシューは程好く味が染みてしっとりジューシー。


DSC04482
豚バラの炙り焼きは臭みもなくまずまず。


DSC04483
肩ロースチャーシューは燻製の香りがするもの。


DSC04484
細めのメンマは麺と一緒に食べるとアクセントが楽しい。


DSC04485
ホウレン草、海苔は想像通り。


DSC04486
黄身がゼリー状の味玉は箸休めにちょうど良かった。


DSC04487
完食。


DSC04489
だしがけ 醤油

他に客も居なくなったのでもう一杯頂いた。

醤油でも具材は一緒だというのでいわゆるかけラーメンにしてみた。

DSC04490
鶏ガラベースのスープは仄かに魚介と香味野菜の旨味を感じる甘味のあるもの。

鶏油の効きが良く、あとを引く美味さが良い。


DSC04491
余計な(?)ものが入っていないから純粋に麺とスープを楽しめるだしがけ

これはアリだと思う。


DSC04488
焼豚のたたき飯

ごはんものが食べたいとスタッフに訊ね、薦められたのがこれ。


DSC04492
薄くスライスされたスモークチャーシューがたっぷり乗ったコスパのかなり高いもの。


DSC04493
塩気の効いたチャーシューにポン酢ダレがかかり、ごはんとの相性抜群!

ごはんが足りなくなってしまう(*^^*)


DSC04494
完食。

残念ながら今やこのレベルのラーメン店は結構あるんだよなぁ。

ラーメン業界の一時代を築いた中村屋も、時代の流れに置いていかれた感は否めなかった。

ごちそうさまでしたm(__)m










DSC04339
三年かけて千葉三大ラーメンを巡る旅その2。

昨年のアリランラーメンに続き、今年は竹岡式ラーメンの梅乃家へかみさんと行ってきた。

10時50分の到着。

おっ!空いているぞ(^^)b


DSC04326
と、ぬか喜びしていたら15人以上の並び。

通りの裏側が店の出入口なのね(^^;

しかもお年寄りも結構並んでいる。

優しい味なのかなぁ?


DSC04329
15分程で店内へ。

店内はテーブル席のみ。

80歳前後の老夫婦の隣に案内された。

常連客らしいこのご夫婦、店員のおばちゃんに   

「今日もいつものチャーシュー麺?」

と聞かれ、チャーシュー麺を注文していた。

年配の方でも食べれるのならボク達もたべれるだろうとチャーシュー麺を注文。


DSC04330
店内はほぼ地元の常連客で賑わい、高齢のお客さんもチラホラ。

差し入れを持って来たお客さんもいたりと。

富津市民の憩いの場なのかな。


DSC04331
大チャーシューメン950円+やくみ(玉葱微塵切り)50円

敢えて値段を載せてみた。


DSC04332
事前情報によると、

薬味の玉葱(鈴屋は長葱)が乗っている。

②チャーシューを漬け込んだ醤油ダレを麺を茹でたお湯で割った真っ黒なスープ

③都一の乾麺=インスタント麺(鈴屋は生麺)を使用している

これが竹岡式の特徴らしい。

特徴と言うのに①の薬味が別料金なのも笑えるが(^^;


DSC04333
スープを啜ると豚出汁を奥の方に感じる醤油ダレ強めなスープ。

えっ!?ご年配の方々はこれを召し上がってるのですか!?

しかも皆さんほぼ常連のようで(*_*;


DSC04335
厚さ1cm以上はあるバラチャーシューはしっかりと醤油が染みた食べ応えがあるものが10枚も!

かみさんと目が合うと、黙ってボクの丼にチャーシューを5枚移してきた( ̄0 ̄;)


DSC04336
都一の乾麺は大盛りにするとスゴい量!

醤油染みて真っ黒に染まった麺は啜っている間にどんどんスープ吸って全然減らない、てか増えていく。

で、しょっぱい(。´Д⊂)


DSC04340
かみさんも麺だけはなんとか食べていたが、その目は店の向こうに広がる東京湾を見つめていた。


DSC04338
なんとか完食。

この値段でこのクオリティ。

アクアラインを木更津方面へ走っている時は鈴屋も連食しようと目論んでいたが、すっかり心が折れてしまった。

ふと、隣の老夫婦に目を遣るとしっかり完食していたΣ(゜Д゜)


DSC04328
地元の方々に愛されているローカルフードは、ボクにはまだまだ理解できない奥深いものがある。

ごちそうさまでした。





19-10-15-12-34-36-511_deco
口直しに海ほたるでヨゴリーノのパフェを、かみさんはIDE牧場のクレープを食べながら休みを満喫(^^)b


DSC04346
あとスタバでアイスコーヒー。













19-08-23-12-13-09-629_deco
連日の猛暑が続くこの日、浄土宗総本山知恩院へ参拝してきた。


19-08-23-12-12-19-444_deco
御影堂は修復中。

法要等は奥の御堂にて行っている。


19-08-23-12-11-04-642_deco
御廟参拝後、知恩院黒門前の坂を下っていくと


19-08-23-12-17-41-675_deco
天下一品知恩院前店。

(知恩院三門から坂を下っても同じように行けます)

学生の時にここで初めて食べて衝撃を受けて以来、30年ぶりの訪問。

心が踊る😂


19-08-23-12-16-16-223_deco
冷房の効いた店内に入ると出入口近くのちょうど逆光になるカメラ泣かせの席に案内された😵

「おいでやす、暑かったでしょう。」

と、キンキンに冷えた紙おしぼりを2つ出してくれた!

そしていよいよ30年ぶりのご対面。


19-08-23-12-15-41-163_deco
ラーメンこってりネギ多め。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


19-08-23-12-16-40-566_deco
まずはスープを。

アァ、うんまぁ!

野菜の旨味と鶏のコクがたまらん!


19-08-23-12-17-08-079_deco
麺を啜ればスープが絡む絡む!

まるで麺とスープを一緒に啜っているかのよう!

ゥウンメェェエエ(*≧∀≦*)ノシ

同じ天一なのにひと味違う気もする😋


DSC04016
昔は見なかった壷ニラ。

取り敢えずこのまま味見したら、これがメチャメチャ美味い!

熱々のごはんやビールにも合いそう(*^^*)

いやぁ、美味かった!

ごちそうさまでしたm(__)m

「おおきに!」


続いて向かったのはこちら。


DSC04024
吉祥菓寮 祇園本店

天下一品から古門に向かう白川沿いにある和モダンな建物。

知恩院から天一に向かう時に見つけたお店だ。

店内は一階が和菓子店、二階が和食と甘味が食べられるようになっている。


19-08-23-20-55-56-927_deco
二階に通されるとちょうど1テーブル空いていて案内された。

当然ながらボクのようなハゲ散らかしたメタボなオッサンは1人も居なく、若い京美人のグループかカップルで満席。

ぶぶ漬け出されたらどうしよう(/▽\)♪と思いつつ、おしぼりで顔や頭を拭きながら待っているとデザートの到着。


19-08-23-20-57-37-204_deco
1日20食限定
パフェ氷 ~紅茶蜜~

アールグレイティーシロップとほうじ茶が付いている。

店員のおねえさんいわく、卓上に備え付けの自家焙煎きな粉をお好みで振りかけて食べろとのこと。


19-08-23-20-58-03-736_deco
取り敢えず二つに分けていっただっきまーす( ・∇・)

かき氷は今流行りのふわふわタイプ。

アールグレイティーシロップの上品な香りと甘味があとを引く美味しさ!


19-08-23-20-59-50-583_deco
下のグラスには、紅茶のガナッシュ・ミルクティゼリー・タピオカ・ミントの葉。


19-08-23-20-58-59-481_deco
これにアールグレイティーシロップや自家製きな粉を足してかき氷と一緒に食べると京都に来て本当に良かった!と幸せな気分になれた(*´ω`*)


DSC04026
白川のせせらぎと家族連れに癒される昼過ぎの光景。

この場所にまた来たいなぁ😌










鶏ガラベースのベジポタスープに柔らかい麺がねっとり絡んだこってり濃厚なラーメン!

嗚呼、天一のこってりが食べたい( ´△`)

という訳で行ってきました。


DSC03860
天下一品 大船店\(^o^)/


DSC03852
昔は京都に行かないと食べれなかったんだよなぁ。

今じゃ全国各地にチェーン展開して。

ついでにメニューも増えたね(^^)


DSC03853
こってりラーメンスープ多め+炒飯大盛り。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC03854
まずはスープを一口。

うんまぁ(*^。^*)

大学一回生の時に先輩方と木屋町通で飲み歩いた思い出🍻

その〆に知恩院前店で奢ってもらった当時の記憶が鮮明に甦ってくる!


DSC03856
柔らかい麺を啜ればスープを飲んでるんじゃないかってくら絡み付いてくる!

ウンメエ(*^O^*)


DSC03858
スープ多めにしたのは炒飯を沈めて雑炊にするため。

そこに辛子味噌と酢を足して絶品雑炊にしようと目論んでいたが、炒飯美味すぎて気が付いたら完食してしまった(^_^ゞ


DSC03859
ハァ大大満足マンゾー🐘パオーン!!

ごちそうさまでしたm(__)m









↑このページのトップヘ