カテゴリ: つけ麺

20-01-07-14-40-53-798_deco
仕事帰りに部下達と秋葉原の志奈田へ行ってきた。


DSC04622
まずはビールで乾杯✨🍻🎶

ビールを飲み終えた頃にラーメンの出来上がり。


DSC04625
得のせ純濃つけ麺大盛+追加味玉。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


DSC04626
まずはいつもの儀式、素の麺を一啜り。

フィットチーネのような全粒粉の平打ち麺。

ツルツルシコシコして小麦の旨味と甘味が感じられる。


DSC04627
スープは鶏ポタに煮干しの旨味が入った濃厚なもの。

仄かな酸味も感じ、麺との相性もすこぶる良い!

途中でレモンを絞り柑橘系の酸味をプラスして味変。

爽やかな風味が一層食欲をそそる!


DSC04629
コマチャーシューはごはんで食べたい一品。

鶏モモチャーシューはしっとりと、薄味のレアチャーシューは麺と一緒に食べても良し(^^)d


DSC04630
黄身まで味の染みた味玉。

ゼリー状になったボク好みの逸品!


DSC04631
スープ割りをしてもらうと煮干出汁の清湯スープを足してくれる。

一瞬有りがちな泥系つけ麺かとも思ったが、良い意味で期待を裏切る一杯だった(*^O^*)

ごちそうさまでしたm(__)m


DSC04306
この日は数年ぶりに両国駅近くにある胡座(あぐら)に行ってきた。


DSC04296
到着時店内ほぼ満席。

食券の購入し、出入口付近に空いていた角席に着きます。


19-10-09-00-33-33-064_deco
券売機横にはつけ麺のおよその重さが書いてある。

店員は店主のみ。

前のお客さんの注文した品が提供されてからオーダーを受ける方式。


DSC04297
濃厚つけ麺大盛り+味玉。


DSC04298
四角い断面の麺はつけ麺用。

コシのあるモチモチした食感の麺は小麦の香りとグルテンの旨味を楽しめる(^^)b


IMG_20191008_220724
つけ汁は今となってはごく一般的な魚介豚骨系。

粘度は低いが醤油先行型なので麺の絡みは悪くない。

小口切りネギが良い仕事をしている。


IMG_20191008_220750
味玉はただの半熟ゆで玉子だった。


DSC04302
スープ割をしてもらうと柚子の香りがする和風出汁のスープを入れてくれた。


IMG_20191008_220828
チャーシューは小さなサイコロ状でスープ割りするまで気がつかなかった。

見た目や味・麺との絡みも考えて、通常の大きさのものを一枚足すか短冊切りにしたものにした方が良いのではと思った。


DSC04305
ごちそうさまでしたm(__)m


1570767757139
部下が食べていた中華そばも美味しそうだったので次は試してみよう(*^^*)





DSC02971
この日は藤沢本町駅近くのはじめに行ってきた。

藤沢二郎が出来るまでは毎週のように訪れていた店。


DSC02972
前回から4年以上振りの訪問。

相変わらず腰の低い店主です(*^^*)


DSC02973
20時近くに到着した時、店内お客さんは1人だけ。

その後待っている間にポツポツとお客さんが入店してきた


DSC02975
読書をしながら待つこと暫し、ラーメンの着丼。


DSC02976
味噌チャーシューつけ麺特盛。


DSC02977
麺量は茹で前500gくらい。

チャーシューは以前と変わらず大判で厚手のものが5枚。


DSC02978
つけ汁に浸けておくと絶品チャーシューになる(*´ω`*)

当時から通う度にスープがマイナーチェンジされていて、確か最後の頃のつけ汁は味噌の香りと強烈な魚節(鯖、アゴ、鰹等)が口の中に押し寄せてきたと思った。

さらにその前(12~3年前)はピリ辛だった記憶もある。

今回はバランスの良いつけ汁になっていた。


DSC02979
腰の無いうどんのような麺。

訪問する度に思うのだが鹹水は入っているのかなぁ?


DSC02980
しかしこの麺もスープに浸すと激ウマになる!

スープをしっかり掬い上げツルツルとした喉越しが最高(°∀°)b

ゥウンメェェエエ! 


DSC02981
具材はモヤシ、ネギ、メンマ。


DSC02982
チンゲン菜と挽き肉も以前のように入っていた。


DSC02983
最後にスープ割りをしてもらうとネギを足してくれました。


DSC02984
K .K.

全てにおいて大満足(*^O^*)

ごちそうさまでしたm(__)m


DSC02985









DSC02658
この日はとみ田が臨休だったので系列店の富田食堂に行ってきた。

ここは並ばずに富田と同じつけ麺が食べられるという便利な店。


DSC02645
店内は奥の方に広がる造り。

本店とは違い、すぐに座ることが出来た。

店員は誰が店主かわからないが、若いスタッフが多数。


DSC02646
食券を購入し注文したのは勿論つけ麺。

つけ麺は茹で時間がかかると言われたが、元々とみ田に行くつもりだったのでそんな事はモーマンタイ。

他のお客さん達のラーメンが運ばれ、暫くしてから僕のラーメンが着丼。


DSC02647
濃厚特製つけ麺(特)スープ増し+ザ・チャーシューご飯。

冷水できっちり〆られた麺はとみ田と同じように丼の中に綺麗に折り畳まれている。


IMG_20181121_002258
まずは素の麺を一口。

割り箸を使ってもスルスル逃げてしまうほどツルツルの麺は讃岐うどんのようにコシが強く、噛むと口の中に小麦の香りが広がり喉越しも抜群!

ウンメェエ!!


DSC02650
この極太麺をしっかりと受け止める濃厚なつけ汁。

今やドロ系つけ汁は何処でも食べれるが、その中でもとみ田のつけ汁は洗練されていてかなりクオリティーが高い。

それと同時にこのつけ汁の中にある甘味が大勝軒からの流れを感じさせているのかなと、ふと思った。


DSC02651
チャーシューはロースとバラの二種。

ロースは炙られ香ばしくしっとり。

バラは脂身の甘味を感じるジューシーなもの。

柔らかく煮込まれたメンマは心地よい歯応え。


DSC02654
チャーシューごはんは可もなく不可もなくそのままの味。


DSC02653
スープ割りをしてもらい


DSC02656
まずは味玉ごはんでいただきます🍴🙏

味玉うんまっ!!


DSC02652
次に特製ダブルペッパーを一振りし


DSC02655
雑炊にしていただきます🍴🙏

ウミャー(≧∇≦)ノシ


DSC02657
完食。

ハァ大満足マンゾー🐘パオーン!

まあ昼ごはんに二千円近くもかけて不味かったら悲しいか😅

ごちそうさまでしたm(__)m










DSC02234
二軒目は『うゑず』から車で五分ほどの場所にある『麺の虜』へ行ってきた。

ここは2018年1月から昼は麺の虜、夜は牛の虜と二毛作営業をしている。

また牛の虜として2018年大つけ麺博決勝進出店に選ばれた店で、個人的にも非常に楽しみにしてた店。


DSC02219
お目当ての品を探して押したつもりが食券を渡すまで間違えていたのに気が付かなかったf(^^;


DSC02220
店員は店主と綺麗な女性助手の二人。

大盛にできると言われ迷うことなく大盛に。

あ、しまった!今さっきうゑずで特盛を食べたばかりだった(;´д`)


18-08-29-22-47-23-869_deco
券売機の横には数種の小麦粉の袋そして店内奥には製麺室が見え、ライブキッチンのような厨房は清潔感があり見ていても楽しい(^^)b

程なくラーメンの着丼。


DSC02223
濃厚つけ麺大盛り(合い盛り)


DSC02224
左側のが多加水麺で、右側のは中加水麺。

今回は追加料金を払い合い盛りにしてもらった。

チャーシューはバラ肉の炙りとロースの低温調理されたレアチャーシュー二種がデフォで乗る。


DSC02225
いかにも濃厚そうなつけ汁には焦がしネギが沢山浮いている。

つけ汁の中にはサイコロ状のチャーシューがゴロゴロ。

穂先メンマは麺丼に。


DSC02227
まずは多加水麺をそのまま一口。

表面ツルツルした麺はモチモチした食感で喉越し最高!

うんまぁ(*´ω`*)


DSC02226
次に中加水麺をそのまま一口。

コシが強く食べ応えのある麺は全粒粉の風味が口いっぱいに広がる!

うんめぇぇ(*´∀`)


DSC02229
多加水麺をつけ汁に潜らせていただきます。

ゥウンメェェエエ!

つけ汁との絡みも抜群(≧∇≦)!


DSC02228
中加水麺も同じく。

走召ゥウンメェェエエ!!

ボクはこっちの方が好き(*≧∀≦*)

つけ汁は動物系のスープに魚介や柚子が品良く融合されたもので意外にさらっとしていて重くない。

また焦がしネギの香りと食感が良い具合!

たまらんねぇ(*^^*)


DSC02230
穂先メンマは柔らかくてしみじみした味付け!


DSC02231
スープ割りを頼むと徳利に入れたスープを提供してくれた。


DSC02232
根布由来?の割りスープで優しい和テイストのスープになり最後まで美味しくいただけた(*^。^*)


DSC02233
完食。

ハァ大大満足マンゾー(* ̄∇, ̄*) 

牛の虜も食べてみたいなぁ(*^.^*)

ごちそうさまでしたm(__)m




↑このページのトップヘ