DSC06689
午前中八千代市の支店で仕事。

東京に戻る前にらーめん松信で昼ごはんを食べてきた。


DSC06682
店内先客1人。

店長1人のワンオペ。

公式Twitter情報では来年1月で無期休業になるとの事。

程なくラーメンの着丼。


IMG_20211207_223105
ラーメン大盛+ヤサイ増し。

ラーメンは通常で250g、大盛は350g。

大盛は780円で、ヤサイ増しはプラス100円となる。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


IMG_20211207_223204
ヤサイはモヤシ率9割のクタに近い茹で加減。


IMG_20211207_223148
薄めにスライスされたチャーシューは2枚。

程好く味が染みていてチャーシュー増しでも良いかも(^^)b


IMG_20211207_223131
ウェーブのかかった自家製麺は麺自体がスゴく美味い!

スープとの相性も良いと思う。


IMG_20211207_223117
その乳化したスープは見た目よりもあっさりして優しい味わい。

ニンニク入れたらパンチが効いてもっと良いかも(*´ω`*)

歌舞伎町二郎に似ているかな?


DSC06688
完食。

近くにあればまた行こうかなと思わせてくれるジェネリック二郎。

ごちそうさまでしたm(_ _)m







DSC06680
11月29日良い肉の日。

午前中にオイル交換を済ませた帰りに昼ごはんを食べに2430へ行っていた。


IMG_20211203_143926
ラーメン二郎湘南藤沢店


DSC06671
2週間前ほどから新しく「麺半分」「麺少なめ」の食券がお目見えしたので、迷わず一番左上の「麺半分」の食券を購入。

食券確認をした店主とヒロくんが目を丸くしてる😲


DSC06672
店員は野山お兄ちゃん店主の麺上げでヒロくんと最近入った男性助手のサポート。金髪眼鏡助手は麺打ち中。

程なくラーメンの着丼。


IMG_20211203_143903
小ラーメン麺半分+ニンニク+粉チーズ+生卵+うずら。

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


IMG_20211203_144031
麺半分にすると天地返しが非常に楽(^^)b

スープにニンニクと粉チーズを溶かしておきます。

バラ肉のブタはトロントロンな部分が入っていた(*^.^*)


IMG_20211203_144011
スープ吸ったきつね色の麺はズバズバ啜れてコリャたまらん!

走召糸色ゥウンメェェエエ(*≧∀≦*)ノシ

麺半分なのであっという間に残りわずかになり、伝家の宝刀⚔️


20-08-06-21-34-54-139_deco
パイルダー・オン!


IMG_20211203_143957
卵かけごはんのように一気に啜れちゃう(*´ω`*)


IMG_20211203_143943
〆はいつものデザート、うずらをつまみながらチーズとニンニクが溶けた濃厚スープをグビグビε=(*^。^*)プハー


DSC06678
K.K.

ハァ超大満足マンゾー🐘パオーン!!

ヒロ「思わず食券2度見しちゃいましたよ😵いったいどうしたんですか!?」

ボク「いや、色々あってね😅」

ごちそうさまでしたm(_ _)m





本当はね






食券が新しく増えたの忘れて

間違えただけなんDE∀TH( ;∀;)








DSC06653
午前中五反田で仕事だったこの日。

このまま直帰だったので、車で15分程のメグジで昼ごはんを食べてきた。


DSC06654
30分程で店内へ。

若林店主はいなく、元野猿の髭助手さんの麺上げ。


IMG_20211125_081947
目黒はまだ13時前だけどニューヨークは21時なんだなぁ、などと世界中の時間を眺めていたら、ラーメンの着丼。


IMG_20211125_082040
大ラーメン+ヤサイ+ニンニク

では早速、いっただっきまーす( ・∇・)


IMG_20211125_082135
FZがかけられたキャベツ多めなクタクタなヤサイは甘味を感じるもの。


IMG_20211125_082119
冷たくみっしりしたブタはスープに沈めておけば無問題。


IMG_20211125_082057
ゴワゴワした麺はニンニクが溶けたスープ纏ってワシワシ啜れる。


IMG_20211125_082015
キリッとFZが効いたスープは旨味たっぷりで飲み干したくなるもの。


DSC06661
完食。

このクオリティで600円、小ラーメンはワンコイン500円と高コスパ!

企業努力の賜物とでも言うべきか、この値段で美味しいラーメンをおなかいっぱい食べれて幸せだなぁと、いつも思う。

ごちそうさまでしたm(_ _)m










↑このページのトップヘ